チェインクロニクルの攻略を有利に進めるために、強いアルカナ(カード)が欲しくなりますよね。
ですが、そう簡単にはガチャでSSRなどの強いカードを引き当てることはできません。

ガチャを引くには、こつこつ精霊石を集めるか、課金するしかありません。
時間をかけても、お金をかけても、欲しいカードが出るとは限らない・・・

となると、リセマラはどうなの?っていう話になります・・・。

Sponsored Link

リセマラとは?

まず、無料スマホゲームをやっていると、攻略法などで必ず「リセマラ」という言葉を目にします。
「リセマラ」とは、リセット・マラソンの略です。

ゲームをインストールし、チュートリアルが終わると、レアガチャを1回ひけますね。

この「インストール→チュートリアル→レアガチャ」の流れを、自分の欲しいカードが出て来るまで、何回も繰り返すことを、『リセマラ』といいます。
長い長いこのリセットの繰り返し課程を、マラソンに例えているというもの。

もちろん、もっと先の「酒場ガチャ」でやることも可能です。

チェンクロ始まりイメージ画像

Sponsored Link

リセマラのやり方・方法

かつてのスマホゲームは、リセマラが簡単にできました。
アプリをアンインストールするだけでデータが消せたからです。

しかし、チェンクロではiPhone、iPad(iOS版)についてはそれだけでリセットすることができません。
データが残ってしまうんですね。

なので、チェンクロでリセマラをやるにはちょっとしたテクニックが必要になります。

リセマラのやり方:iPhone編

チェンクロは、iPhoneなどiOSでリセマラするのがちょっと面倒です。
大きくは2つの方法があります。

1.スマホを2台使う

(1) 引き継ぎIDを取得し、サブ機に入力する。
(2) メイン機では、ゲームを最初からできるようになる。
(3) チュートリアル後、ガチャを引く。

(1)から(3)を繰り返す。

イメージ画像iPhone5

2.PCを使う

(1) スマホのデータをすべてPC(パソコン)に移行(バックアップ)する。
(2) スマホを初期化する。
(3) インストール→チュートリアル後、ガチャをひく。

(2)(3)を繰り返し、ゲーム終了したらバックアップデータを戻します。

文字で書くと簡単ですが、1回ガチャを引くために10分程度の時間がかかります。

SSRが出る確率が1%と言われているので、SSRを出すためには最悪100回程度引く可能性があります。

単純に計算すると、
10分×100回=1000分=16時間半

実際はもっと時間がかかるかもしれません・・・・・
なかなかモチベーションを保つのが難しそうですね。
また、iPhoneやiPadでは、「できない」と言われるほど、作業が面倒です。

リセマラのやり方:Android編

一方、Androidでは、iPhoneやiPadと比べると、簡単にできます。

以下は仕入れた情報なので、もしかすると間違いがあるかもしれません・・・
違っていたらコメントでお知らせください。

(1) 設定→アプリケーション→チェインクロニクルのアプリをタップ。
(2) テータ消去をタップ(またはアプリをアンインストール→インストール)
(3) チュートリアル後、ガチャをひく。

(1)から(3)を繰り返す。

ちなみに、データが完全に消えるので、保存しておく場合は事前に引継ぎIDを発行します。

iPhoneがかなり面倒な作業を強いられることに比べると、Androidは格段に楽ですね。
こうなると、Androidでは、リセマラする人がかなり多そうです。

iPhone組から見ると、Androidでは、リセマラが簡単にできてしまうことに対して、納得いかないものがありますね。

まあ、リセマラ自体が、ズルいことであるので、「Androidはリセマラを簡単にできて、ずるい」というのも、おかしな話ですが・・・。

ただ、不公平感があるのはたしかなので、今後は仕様が変わるかもしれません。

どちらにしても、リセマラに時間をかけるのは、チェインクロニクルの最大の持ち味のストーリーの繋がりを楽しむ前に、力が尽きてしまいそうです。

思わぬところに、意外なキャラクターが出現すると、うれしくなるんですけどね・・。

まあリセマラもよいのですが、いつでも思う存分ガチャを引けるのが一番よいですねw

ガチャには精霊石が必要です。

この精霊石が無料で入手できたらどうでしょうか?

それが可能なので、以下の記事も読んでみて下さい。

精霊石を無料で大量入手する裏ワザ チェインクロニクル(チェンクロ)

また、リセマラの当たりアルカナについての記事も書きました。

チェインクロニクル(チェンクロ)リセマラ・ガチャの当たり・オススメ

参考にしてみてください。